無料で独自SSLを使えるサーバーが増えてきたので、SSLについて調べてみた

   

独自SSLを無料で利用できるサーバーとしては、XSERVERが有名でしたが、
最近では、ロリポップ!ファーストサーバーなども、無料で独自SSLを利用できるようです。
 
 
とはいえ、独自SSLやhttpsについては、
「インターネット上でやり取りされる情報が暗号化され、安全に情報のやりとりができる」
程度の知識しかなく、詳しいことはよくわかっていませんでした。
 
せっかくの機会なので少し調べてみましたが、やっぱり専門的すぎですべてを理解することは到底無理!
 
とはいえ、概念や仕組みについては理解できたので、かんたんにまとめておこうと思います。
 
 
 

SSLとは

 
SSLとは、「情報を暗号化して送受信してくれる仕組みのこと」とのこと。
 
ウェブサイトを閲覧する際、「閲覧する側」とウェブサイトがある「サーバー」との間で、
情報のやり取りが発生します。
 
SSLは、インターネットでやり取りされる情報を下記のように安全にしてくれます
・「閲覧する側」と「サーバー」との間でやり取りされる情報に鍵をかける(暗号化する)
・「閲覧する側」と「サーバー」は「共通鍵」というもので、鍵のかかった情報を開けることができる
ということだそうです。
 
 

SSLを利用するには、SSLサーバー証明書が必要

 
通常のURLは、「http://www.mame-production.com」ですが
SSLを用いているURLは、「https://www.mame-production.com」となります。
 
https://」のURLを利用するにはSSLを利用する必要があります。
そして、このSSLを利用するためには、「SSLサーバー証明書」というものが必要になります。
(ややこしい!)
 
「SSLサーバ証明書」とは、第三者機関が発行するもののようで、
http://www.mame-production.com」は、あなたのウェブサイトに間違いないから、
https://www.mame-production.com」を利用してもいいよ、と
ドメインとドメインを所有する組織の身元情報も証明するもののようです。
 
 

SSL証明書にも、ブランドがある

 
SSL証明書にもブランドがあるなんて、まったく知りませんでした!
正確にはSSL証明書を発行する「認証局」がいくつかあるようです。
 
ブランドによって、信頼性や費用が異なるようです。
中には万が一被害を受けた場合、保証してくれるブランドもあるようです。
 
「Let’s Encrypt」というブランドは無料でSSL証明書を発行しているようで、
XSERVERやロリポップの無料独自SSLは、この「Let’s Encrypt」を導入しているようです。
 
 

「共有SSL」と「独自SSL」がある

 
「共有SSL」は、
・複数のユーザーで利用する
・ドメインとドメインを所有する身元の証明はしてくれない
・その為、独自ドメインが使えない
 
一方の「独自SSL」は、
ドメインとドメインを所有する身元の証明をしてくれるため、
独自ドメイン「https://」を利用できます。
 
 
こうしてみると「共有SSL」のメリットがなさそうですが、
「共有SSL」は無料で使えて、「独自SSL」は有料というサーバー会社があるわけです。
 
 

独自SSLのメリット

 
難しいことはさておき、独自SSLを導入するメリットはいくつかあります。
 

情報のやり取りが安全になる

名前やメールアドレス、住所、クレジットカードの番号など、
第三者に悪用されそうな情報のやり取りを安全に行うことができます。
 
ECサイトでは、独自SSLが必須ですね。
 
 

Googleの検索順位に好影響があると考えられる

2014年にGoogleが「HTTPS をランキング シグナルに使用します」と発表しました。
記事を読む限り、Googleは安全なウェブサイトが好ましいと考えているようで、
SSL証明書を導入してる安全なウェブサイトは、検索結果も優遇されると考えられます。
 
これにより、個人情報がやり取りされるページだけでなく、
ウェブサイト全体をSSL化する「常時SSL化」が、SEO界隈ではホットになりました。
 
 

まとめ

 
素人の私が理解デキる程度にまとめてみました。
なんとなくSSLについて理解できたのではないでしょうか。
 
これまで独自SSLの導入のハードルは「費用」だったわけですが、
無料で独自SSLを使えるようになると、もうメリットしかありません!
是非ともあなたのウェブサイトも「常時SSL化」しましょう。
 
 
 
参考にしたウェブサイトなど
 
SSLとは?仕組みから、共有・独自SSLの違い、証明書についてが分かるまとめ
 
共有SSLと独自SSLの違い! sslサーバ証明書とは
 
SSLサーバ証明書の認証局(ブランド)の種類と違い

 - ウェブデザイン