iPhoneアプリ「Clockwork」で休憩時間も管理しましょう

   

最近、体力的な衰えをいたるところで感じます。
目の疲れ、肩腰の痛みには常に悩まされているし、徹夜する体力なんてもちろんありません!
 
しっかり仕事をするためには、休憩もしっかりとることが大事(らしい)。
デキるビジネスマンは、休憩の取り方も上手なんです!(らしい)。
 
といっても、休憩するタイミングがなかなか難しい。
「ここまで終わったら…」と頑張ってると、いつの間にか数時間過ぎてることも多々ありますよね。
 
 
私は、iPhoneアプリの「Clockwork」を使って、
仕事時間と休憩時間を知らせるアラームを鳴らすようにしています。
「仕事:50分→休憩:10分」という感じです。
 
iPhoneで使えるタイマーをいろいろ探してみたのですが、
「仕事:50分→休憩:10分」というようなスケジュールを
繰り返し設定できるタイマーアプリはそれほど多くなく、
結局のところ「Clockwork」に落ち着きました。
 
 
 

「Clockwork」の設定方法

 

  1. 右上の「+」をタップし、新規タイマーを作成します。(この例では「お仕事」を作成しました)
  2. 作成した「お仕事」をタップし、次の画面へ行きます。
  3. 次の画面にて、右上の「+」をタップしアラームが鳴るポイントを追加します。
    任意の名前を入力したら「完了」タップします。
    この例では、「お仕事」と「休憩」という2つのポイントを追加しました。

  4. 「お仕事」「休憩」それぞれと時間の部分をタップすると時間を変更できます。
    この例では、「お仕事:50分」「休憩:10分」にしています。
  5. 最後に左下の「1x」という部分をクリックして、
    上記で設定した「お仕事:50分→休憩:10分」を何回繰り返すか設定します。

 

以上で設定は完了です。
 
あとは右下の「開始」でタイマーをスタートさせるだけです。
 

 - ビジネスハック , ,