腹落ちしてなくてもレイアウトはできるが、デザインはできない

   

デザイナーの友人と、こんなことを話す機会があった。
 
「クライアントからきちんとしたオリエンがないまま、デザインしなくてはならないことがある。
 デザインの意図が腹に落ちてないと、デザインするのが大変で…
 みんなは腹落ちしてなくてもデザインできるもんなの?」
 
友人
「できない。
 腹落ちしなくても、なんとなくデザインしたっぽくはできるけど、
 やっつけ仕事でしかない」
 
 
 
どうしてこのウェブサイトが必要なのか、
どんなユーザーに見てもらおうと想定しているのか、
競合他社よりも優位なポイントを、どうやって見せようとしているのか、
 
そういう本質に近いこと、根本的なことを理解した上で、
つまり、腹落ちした上で、デザインに取り掛かりたいと思っている。
 
 
どうして、腹落ちが必要なのか。
 
 
ウェブデザインのお仕事では、
依頼時に打合せなどをせず、ワイヤーフレームだけが送られてくる
ということが多々ある。
要は、「ワイヤーフレームの要素で、いい感じにデザインしてね」
ということでしょう?
 
 

デザインとレイアウトは違う

 
ワイヤーフレーム通りに画面を作ることは、
デザインではなく、レイアウト。
 
レイアウトとは、配置を工夫すること。
 
「ワイヤーフレームの要素で、いい感じにデザインしてね」
は、つまり要素を見やすく配置してね、ということ。
 
しかし、それを真に受けて、素直にレイアウトすると
「なんか寂しいので、もう少し賑やかにしたい。目立たせたい」
ということになる。
 
 
ちょっと足りない要素を何で埋めるか
それを考えることが、デザインなんじゃないでしょうか。
 
このウェブサイトは、どんなユーザーが見る想定なのか、
このウェブサイトを見たユーザーは、何を期待するのか、
このウェブサイト見たユーザーに、どんな行動をしてもらいたいのか
 
こういうことを考えたうえで、足りない要素を何で埋めるべきか考える。
デザインとはそういうこと。
 
「フリー素材から探してくる」にしても、
どういう素材を探すべきか、それを考えるのがデザイン。
 
 
このウェブサイトは、どんなユーザーが見る想定なのか、
このウェブサイトを見たユーザーは、何を期待するのか、
このウェブサイト見たユーザーに、どんな行動をしてもらいたいのか
 
それがわかっていないと、フリー素材から探してくる写真すら見つけられない。
 
 

わたしのビジネスではない

 
先に述べたように、
このウェブサイトは、どんなユーザーが見る想定なのか、
このウェブサイトを見たユーザーは、何を期待するのか、
このウェブサイト見たユーザーに、どんな行動をしてもらいたいのか
 
考えないことにはデザインはできない。
 
そのことについて、クライアントと話ができていないなら、
デザイナーは自分自身が考えなくていけない。
いや、想像しなくちゃいけない「たぶん、こういうことだろう」と。
 
だけど、わたしのビジネスじゃないのだから
ハッキリいって、わからない。
 
わかってないデザイナーに仕事させてよいものだろうか、
わかってないけど仕上げなくちゃいけないデザイナーも、結構キツい。
 
 

一生懸命な人と仕事したい

 
もはや感情論だが、やっぱり一生懸命な人と仕事するのは楽しい。
デザインのことなんて、わかってなくていい。
ワイヤーフレームなんて書けなくてもいい。
 
こういうことがしたいんだ!っていうのが伝わるだけでいい。
それだけで、腹落ちすることだってある。
「あー、この人の言ってること本当だな」って。
 
 
デザイナーは、クライアントのお手伝いしかできないからこそ、
一生懸命な人とお仕事がしたいと思う。
 
一生懸命な人から、刺激を受けながらお仕事すると、
結果的に素敵なデザインになるのではないか、と。
 
 
 
 
最近の自分のお仕事について少し考えることもあって、このような記事を書いてみました。
こんなことは、若いうちに考えておけって感じで恐縮です。
 

 - デザイン全般